東北大学国際祭りとは?

東北大学国際祭りは、1986年に東北大学留学生協会(TUFSA)を中心に、留学生と地域の人達との繋がりを深める、ということを目的として始まりました。

現在は、毎年約5000人の来場者が参加する、東北地方では最も大きな国際交流イベントとなりました。

TUFSAだけでなく、国際交流に関する様々な地域団体や学生サークルが協力して運営を行なっています。

今年で34回を迎える国際祭りは、その本拠地を東北大学川内キャンパス萩ホール前に移し、年々進化を続けています。

 

国際祭りの主な内容は

世界各国の料理が楽しめる屋台

実際にその国の文化に触れられる交流コーナー

様々な国のパフォーマンスが繰り広げられるステージ などです。

 

今年は5月12日(日)に開催されます。

ぜひ川内萩ホール前にお集まりください!

© Copyright by Tohoku University Foreign Students Association